NumberEYESBACK NUMBER

今年のボールは“飛ぶ”のか。
反発係数の歴史を振り返る。
~過去の投打バランスで比較する~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/07/05 06:00

今年のボールは“飛ぶ”のか。反発係数の歴史を振り返る。~過去の投打バランスで比較する~<Number Web> photograph by AFLO

下田事務局長(左)は加藤コミッショナー(中)に辞意を伝えたという。

 今回の統一球をめぐる問題は、日本野球機構(NPB)の統治問題であって、ボールそのものの善し悪しが問われているわけではない。

 だが、そもそも、どのようなボールがプロ野球に相応しいのか。それは、どのような投打バランスを野球に求めるかによって変わってくる。絶対的な正解は存在しない。では、誰がそれを決めるのかと言えば、現在では球界の最高統治者、コミッショナーの判断ということになる。

 日本のプロ野球でも、歴史上、ボールの調整は何度か行なわれてきた。統一球の反発力が注目されたこの機会に、プロ野球のボールをめぐる歴史を振り返ってみよう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

プロ野球の前後のコラム

ページトップ