SCORE CARDBACK NUMBER

自転車女子が公募で
人材を集める本当の理由。
~第2の橋本聖子は現れるのか~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKeisuke Koito/PHOTO KISHIMOTO

posted2010/09/17 06:00

自転車女子が公募で人材を集める本当の理由。~第2の橋本聖子は現れるのか~<Number Web> photograph by Keisuke Koito/PHOTO KISHIMOTO

スピードスケート銀メダリストの田畑も参戦。スケートも続行し、'14年ソチ冬季五輪を目指す

 8月中旬から下旬にかけて、ロンドン五輪へ向けての人材発掘を目的とした自転車女子の合宿が静岡県伊豆市で行なわれた。自転車競技でのこうした試みは初めてのことだ。参加したのは公募に応じ書類選考を通った63名。バンクーバー五輪チームパシュートで銀メダルを獲得した田畑真紀、2度オリンピックに出場した渡辺ゆかりのスピードスケート勢、北京五輪ホッケー日本代表の岡村育子など、多彩な顔ぶれがそろった。

 公募による人材発掘に至った背景には、ロンドン五輪で女子のトラック種目が3種目から5種目へ拡大されることと、五輪出場権獲得のシステムの変更がある。簡単に説明すると、北京五輪までは半ば救済的に、世界選手権に出られない国の選手による「B世界選手権」でも出場権を得ることができた。それが廃止され、男子と同じく各種国際大会の成績に応じて出場権が決まることになったのだ。北京五輪では、日本女子は2名がトラック種目に出場したが、ともにB世界選手権優勝によるものだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ