SCORE CARDBACK NUMBER

全日本選手権で台頭した、
錦織世代の若手たち。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2008/12/04 00:00

全日本選手権で台頭した、錦織世代の若手たち。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 今年の全日本選手権で目立ったのは「錦織世代」の頑張りだった。20歳の伊藤竜馬(たつま)が準優勝。錦織圭の1学年下、湘南工科大附高3年の守屋宏紀は、高校生としては'92年のトーマス嶋田以来16年ぶりのベスト4進出を果たした。さらに、錦織と同学年、19歳の三橋淳と片山翔もそろって8強入りした。

 錦織は海外ツアーを優先させたためエントリーしなかったが、彼のツアーでの活躍に刺激された選手たちが、負けてなるものかと燃えたのだ。

 錦織よりひとつ年上の伊藤は、この春、デビスカップ・インド戦で代表候補に選ばれた。仲のよい錦織はチームのエースとして活躍し、デビスカップでの国内最年少勝利を挙げたが、“候補”の伊藤は選手の練習相手を務めただけだった。錦織が3回戦に進出して脚光を浴びたAIGオープンでは、1回戦敗退。米国の中堅選手に完敗した伊藤は、会見場で涙を流した。そうしたひとつひとつの経験が、彼を大きくしたはずだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 510文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表W杯最終予選 アジア戦記。

関連記事

伊藤竜馬
錦織圭
三橋淳
守屋宏紀
添田豪
片山翔

テニスの前後の記事

ページトップ