SCORE CARDBACK NUMBER

ツッパリから優等生へ。
中田翔を変えたもの。
~“可愛がられる存在”に~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/09/03 06:00

ツッパリから優等生へ。中田翔を変えたもの。~“可愛がられる存在”に~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

'08年、高校生ドラフト1巡目で入団。高校時代は投手として最速151kmを記録したことも

 7月20日、プロ入り3年目にしてロッテの大嶺祐太から初本塁打を記録した中田翔は、その後も好調を維持し、金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大ら各球団のエース級を攻略。わずか11試合で8本もの本塁打を放った。

 この間、中田の口から出た言葉は謙虚なものばかり。ビッグマウスと言われた入団当初の面影は全く見られない。ルーキーの頃だったなら、「エースと言われても大したことがないですネ」くらいは平気で喋っていたはずだ。また高校時代から由規と共にビッグ3と言われ、ライバル視されていた唐川侑己との対戦でも、「やっぱりすごい」と相手を褒めている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中田翔
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ