詳説日本野球研究BACK NUMBER

桐光・松井裕樹を見るなら今のうち!!
大注目の春季関東大会、見所を紹介。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/05/16 10:30

桐光・松井裕樹を見るなら今のうち!!大注目の春季関東大会、見所を紹介。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月3日の神奈川県大会準決勝で、1万5000人の観客を集めた桐光学園・松井裕樹。日大藤沢を相手に15個のアウトのうち、12個を三振で奪う圧巻のピッチングを見せる。

肉体的な成長が投球フォームのクセを長所に変えた。

 松井のピッチングは見事というしかない。春の神奈川大会の成績は次の通りである。

3回戦     湘南学院  2回、0安打、 6三振、0四死球、0自責点
4回戦     横浜      9回、5安打、13三振、2四死球、0自責点
準々決勝 横浜隼人 7回、6安打、12三振、0四死球、1自責点
準決勝   日大藤沢 5回、3安打、12三振、1四死球、1自責点

 ストレートは私が見た横浜隼人戦で147キロを計測し、これがMAX。世の中には怪しげな「147キロ」があるが、この日の松井の147キロは正真正銘の快速球。前肩上がりで大きく胸を反って投げるフォームは一歩間違えば高目に抜けるボールを連発する恐れがあるが、松井は体ごとボールを押さえ込みにかかっていくので低めに伸びる。

 そういう振幅の大きい投げ方で9イニングを投げ切れるのか、というのが昨年までの課題だったが、1年たって体幹に力強さが増し、下半身も充実してきた。この肉体的な成長がフォームのクセの強さを逆に長所に変えている。

横浜高校時代の松坂大輔を超えるスライダーのキレ味。

 持ち味の変化球は「凄い」としか言いようがない。

 横ブレを抑えた角度十分の縦割れカーブに、ストレートと同じ腕の振りで投じるスライダーは迫力十分。時代劇などで、右(左)肩から左(右)脇を一気に斬り下げることを「袈裟がけに斬る」と表現するが、松井のスライダーはまさに「袈裟がけに斬る」と表現していいキレ味を誇る。

 松坂大輔の横浜高校時代の縦割れスライダーもよかったが、スライダーに限定するなら松坂以上と言ってもいいと思う。これらの高低の攻めに横変化から落ちるチェンジアップが加わるのだから攻略は至難の業と言っていい。

 私が見た横浜隼人戦は1時間前に球場に着いてもバックネット裏の見やすい席は空いてなく、一塁側寄りで見なければならなかった。

 5月18日から始まる関東大会で松井が登場するのは雨天順延がなければ19日、第3試合の花咲徳栄戦(宇都宮清原球場で14時開始予定)。

 煽るつもりはないが、早めに行かないとこの日は座る席がないかもしれない。

 と言うより、入場できないかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
松井裕樹
小島和哉
山口瑠偉
木暮騎士
高田涼太
江口奨理
西川元気
鈴木航介
重村健太
武拓人
水海翔太
植草祐太
桐光学園高校
浦和学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ