沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

“ナリタブライアン以来”はあるか!?
ロゴタイプの野望と大混戦の皐月賞。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2013/04/13 08:00

“ナリタブライアン以来”はあるか!?ロゴタイプの野望と大混戦の皐月賞。<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

皐月賞の2000mは未経験の距離となる2歳王者ロゴタイプだが、田中剛調教師は「2000mにも全然不安はない」と語っている。

「速い馬が勝つ」皐月賞はコパノリチャードにも注目!

 エピファネイアは、日米のオークスを制した母シーザリオ譲りのスケールを感じさせる。鞍上が、母にタイトルを獲らせた福永祐一に戻ることも強みだ。

 エピファネイアを管理する角居勝彦はすでに三冠トレーナーになっているが、福永はまだ牡馬クラシックを勝っていない。スタージョッキーが初の栄冠を手にするか、これも見モノである。

 あと「終わってみれば、やっぱり弥生賞を勝つ馬は強いんだなあ」と、カミノタサハラ(父ディープインパクト、美浦・国枝栄厩舎)に思わせられる可能性もある。

 最後に、個人的に穴として面白いと思っている一頭を挙げると、アーリントンカップを勝ったコパノリチャード(父ダイワメジャー、栗東・宮徹厩舎)である。「皐月賞は速い馬が勝つ」と言われており、この馬が純然たるスピードの比較では一番だろうし、父から粘り強さも受け継いでいるように思われる。

 コパノリチャードが勝てば、「終わってみれば、やっぱり皐月賞を勝つのは速い馬なんだなあ」と納得できる。

 終わってみれば、どんな言葉が口をついて出るのか。さらにあれこれ考えながら、牡馬クラシックの第一関門を楽しみたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ロゴタイプ
コディーノ
クリスチャン・デムーロ
ミルコ・デムーロ
ナリタブライアン
キズナ
エピファネイア
コパノリチャード
カミノタサハラ
アユサン
福永祐一
角居勝彦
藤沢和雄

競馬の前後の記事

ページトップ