ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

“シード権地獄”で生き残れるのか?
石川遼の米ツアー、不振の背景。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/03/15 10:30

“シード権地獄”で生き残れるのか?石川遼の米ツアー、不振の背景。<Number Web> photograph by Getty Images

米国ツアーの大会でフロリダのコースを歩く石川遼。予選落ちや下位での苦しい戦いが続く中、光明を見出せるか。

参加する大会を戦略的に選び、ポイントを稼ぐ必要も。

 米ツアーを1シーズン戦う上で、すべての試合に出場することは体力的にも困難だ。それぞれの選手が参戦トーナメントを選択し、年間計画を立てている。そのため、メジャーなどのビッグトーナメントの直後の試合は、強豪選手がスキップするケースも多く、経験や実績に乏しい選手にとってはチャンスがひろがる状況がある。

 石川はこれまで、いずれの試合にも変わらぬモチベーションを持ち込むタイプで、そんな皮算用とは無縁だった。しかしメンバーとなったこれからは、選手層の薄い大会に積極的にピークを合わせたりと、計算高い戦略も加えて良いはず。

 各トーナメントにかかる賞金総額は、少なからずばらつきがあるが、フェデックスカップポイントは4大メジャーとザ・プレーヤーズ選手権は優勝者に600ポイント、WGCは550ポイント、3試合の裏大会(メジャー、WGCと同じ週に行われるため強豪選手が不在となる試合)こそ300ポイントと異なるが、その他25あるトーナメントはすべて500ポイントを勝者に付与する。“平場”のトーナメントにおいては、どの大会の成績も数字の面で平等に評価される制度でもある。強(したた)かさは、立派な強さだ。

「『あの選手と回りたい』といった感じ、余裕はないですね」

 石川自身、数々の最年少記録を打ち立てた10代の頃、そしてツアーメンバー外の選手、ゲストとして手厚い歓迎を受けた昨年までの心境と、いまのそれとは一線を画すという。タイガー・ウッズをはじめとした名選手とのペアリングには、いつも心を躍らせていた。しかし今は「そんな『あの選手と回りたい』といった感じ、余裕はないですね。そこが(メンバーになって)変わったところかもしれない」。

 9月で22歳。若さばかりに注目が集まった時期は過ぎた。

「20代前半で成績を出している選手も、年齢のことは気にしていないと思う。正直、僕は気にしていない。経験の差云々でなく、勝つことに専念しているだけ。年上の人が活躍しようが、年下がしようが、同じプロゴルファーには変わりない。それに今は、かつてのタイガーや今の(ロリー・)マキロイ、リッキー(・ファウラー)のように、若手が活躍できる時代になってきている」

 カードの重みは期限切れの時刻が近づくたびに、それを増していく。

 昨年11月に通算10勝目を挙げるまで未勝利の時間が2年続いたが、シードを争うような切羽詰まったサバイバルレースを経験するのはプロのキャリアでは初めて。石川の、新しい挑戦だ。

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ