SCORE CARDBACK NUMBER

悩める石川遼に今、贈りたい言葉。
~米ツアー1年目の壁を破るヒント~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2013/02/27 06:00

悩める石川遼に今、贈りたい言葉。~米ツアー1年目の壁を破るヒント~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

4月のマスターズには特別招待選手として参加するだけに、早く結果を残したいところだ。

 今シーズンから米ツアーに本格参戦した石川遼のデビューは、いわば3打席3三振だったといってよい。

 初戦のヒュマナチャレンジ、2戦目のファーマーズ・インシュランスオープン、3戦目のフェニックスオープンともに予選落ち。それも“惜しくも”という形容詞がつけられないほどの完敗だった。

 3戦のデータがその惨状を物語っている。ティショットでフェアウエイを捉えた確率は52.58%、グリーンにパーオンできた確率は65.87%、パッティングは1ホール平均1.82と、各部門とも100位を大きく下回った。

 結果と数字だけを見れば、最悪のスタートである。本人の口が重いのも致し方ないだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州に生きる2013~ビッグクラブの壁を突破せよ~

関連記事

石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ