NumberEYESBACK NUMBER

DeNA陸上部誕生に見る、
企業スポーツの存在意義。
~エスビー食品の名門チームを継承~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/29 06:00

DeNA陸上部誕生に見る、企業スポーツの存在意義。~エスビー食品の名門チームを継承~<Number Web> photograph by AFLO

会見に臨む守安社長と瀬古総監督、ベイスターズ中畑監督(左から)。

 廃部の決まっていた名門、エスビー食品の陸上競技部を、ベイスターズのオーナー企業、DeNAが引き受けることになった。陸上界では過去に例のない、IT企業の大々的な進出が、どのような可能性を秘めているのか考えてみたい。

 明らかになっているDeNA側の条件は、'01年以来休止していた実業団駅伝に再び参戦すること。それ以外の活動は、まだ発表されていない。

 エスビー食品にとっては投資価値を見出せなくなった長距離チームのどこに、DeNAは価値を見出したのだろうか。それは会社の公式声明からいくらか読み取ることができる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1150文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メッシvs.ロナウド~世界最強はどっちだ~

陸上の前後の記事

ページトップ