SCORE CARDBACK NUMBER

没後40年で浮かぶ残影。
大場政夫の精神は死なず。
~帝拳ジム会長が明かした真実~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/01/25 06:00

没後40年で浮かぶ残影。大場政夫の精神は死なず。~帝拳ジム会長が明かした真実~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1973年1月2日のWBA世界フライ級タイトルマッチ。チャチャイを倒し、5度目の防衛戦に勝利した大場は、この23日後に死亡。享年23だった。

 この1月25日で、大場政夫が死んで丸40年となる。

 現役の世界王者が愛車を運転中、高速道路でトラックに激突死するという痛ましい出来事は当時、日本中に衝撃を与えたものだった。

 その3週間前にはタイの“稲妻小僧”チャチャイ・チオノイと死闘の末、12R逆転KO勝ちで世界フライ級王座5度目の防衛に成功したばかりだった。事故は試合の後遺症のせいではという説もあったが、これはどうか。相手のパンチを一瞬で見切る技を磨くボクサーには、過信からそれと自覚せずに高速で車を走らせる者も珍しくない。大場もそのひとりだったのではないか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

大場政夫
チャチャイ・チオノイ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ