SCORE CARDBACK NUMBER

周囲を幸せにし続ける男、
岩瀬仁紀の次なる夢。
~新生「名球会」入り第1号~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/07/04 08:00

周囲を幸せにし続ける男、岩瀬仁紀の次なる夢。~新生「名球会」入り第1号~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季16セーブ目で大記録に到達。ガッツポーズは小さかったが、お立ち台では満面の笑み。

 金田正一から王貞治に会長の座が移った新生「名球会」入りの第1号となったのが、中日・岩瀬仁紀。6月16日、交流戦最終試合の日ハム戦で、250セーブ目を挙げたのだ。250セーブが入会資格の抑え投手としては、NPB通算286セーブの高津臣吾、同252セーブの佐々木主浩に次ぐ、3人目の名球会入りとなった。

 愛知大時代は打者兼任、1試合3本塁打を放ったこともある強打者だった。大学通算安打は、リーグ記録にあと1本と迫る124本で、本人は「もし安打記録に並んでいたら、投手をやっていなかったかも」と言うから、何が幸いするかわからない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 664文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー、伝説の誕生。

Sports Graphic Number 2010/7/6臨時増刊

日本サッカー、伝説の誕生。

 

関連記事

岩瀬仁紀
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ