SCORE CARDBACK NUMBER

優勝後に呪文が解けた
ブライアントの“告白”。
~セルティックス戦の重圧~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/06/29 06:00

優勝後に呪文が解けたブライアントの“告白”。~セルティックス戦の重圧~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

第7戦は徹底マークの中で23得点15リバウンドと活躍。2年連続ファイナルMVPに輝く。

 NBAファイナルが始まると、コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)はポーカーフェイスの仮面をかぶった。笑顔を見せず、感情を仮面の下に押し込め、記者会見では短い言葉でぶっきらぼうに答える。

 嘘もついた。指や膝、足首の故障について聞かれると「大丈夫だ」と言い、対戦相手のボストン・セルティックスへのライバル心を聞かれると「相手がどこでも関係ない」と言い切った。

 呪文は、優勝を決める試合のブザーが鳴るとともに解けた。

「君たちには嘘をついていたんだ」

 試合後、ブライアントは告白した。表情は柔らかく、言葉は饒舌に戻っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー、伝説の誕生。

Sports Graphic Number 2010/7/6臨時増刊

日本サッカー、伝説の誕生。

 

関連記事

コービー・ブライアント
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ