オリンピックへの道BACK NUMBER

「一本を取る」見栄えのする柔道へ。
新ルールに日本は対応できるか? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byDaiki Kitamura/AFLO

posted2012/12/16 08:01

「一本を取る」見栄えのする柔道へ。新ルールに日本は対応できるか?<Number Web> photograph by Daiki Kitamura/AFLO

12月2日まで行なわれたグランドスラム東京、60kg級決勝で肩車を決め、優勝した高藤直寿。今回のルール変更で決まり手が禁止となり、戦い方のモデルチェンジを迫られる選手も多い。

新ルールの導入は日本柔道界にとっては朗報なのか?

 ただ、この変更によって、変質する面があるのは否めない。本来の決まり技のいくつか、例えば『すくい投』や『肩車』は使えないことになる。

 流れの中で相手の技をいかに返して投げるかも、柔道を柔道たらしめてきた一つだが、「帯から下を攻撃できない」ことで、その部分にも大きくかかわってくる。競技そのものを変容させかねない。

 そして日本の柔道にどう影響を及ぼすのか。2010年のルール変更時は、欧州の選手などによるタックルが禁止され、日本に有利に働くと言われた。だが必ずしもそうはならなかった。ロンドン五輪で日本の金メダルは男女あわせて一つだったように、ルール変更に海外の選手が適応してきたからだ。

 導入されたルールは世界選手権後に継続の可否が話し合われる。そのとき、どう臨むのかも含め、日本の柔道界の対応が注目されるところだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ