Number on NumberBACK NUMBER

8人の“給料泥棒”。
~高年俸で期待外れの大リーガー~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/12/19 06:00

8人の“給料泥棒”。~高年俸で期待外れの大リーガー~<Number Web> photograph by Getty Images

メジャー歴代5位の本塁打数、リーグMVPに3度選出など実績十分のA・ロッド(ヤンキース)だが、今季はその実績、年俸に見合う働きをまったく出来ず。ニューヨーク・ポスト紙が行なったファンへのアンケートでは、8割が放出を望むという結果になった。

 米大リーグの年俸高騰は、野球ファンにとって、もはや驚くようなニュースではない。'01年1月、アレックス・ロドリゲス(現ヤンキース)が10年総額2億5200万ドルの契約を交わして以来、米大リーグの最高年俸は2000万ドルを超える時代に突入した。

 それでも、10年前の'02年、年俸2000万ドルを超えていたのはロドリゲスだけだった。今年の年俸ランキングでは、これが14人に増えている。1ドル80円で計算しても、2000万ドルは16億円だ。月給50万円の社員なら267人雇うことができる金額だ。

 10年前と比較すれば、米大リーグの収入は増えている。インターネットの普及でチケットをずっと効率的に売れるようになったし、日本人選手の増加で、テレビ放映権収入やスポンサー収入も上がっている。新球場が次々に完成して観客を引きつけ、チケット価格を上げても売れる状況が続いている。収入が増えているなら、選手の年俸相場が上がっても不思議はない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1957文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州に生きる。~越境フットボーラーズ~
アレックス・ロドリゲス
バーノン・ウェルズ
ヨハン・サンタナ
マーク・テシェイラ
クリフ・リー
カール・クロフォード
ロイ・ハラデー
ライアン・ハワード

MLBの前後の記事

ページトップ