SCORE CARDBACK NUMBER

驚愕の超大型トレードが
球界の常識を変える。
~ドライかつ奥深い、MLBの流儀~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/12/11 06:00

驚愕の超大型トレードが球界の常識を変える。~ドライかつ奥深い、MLBの流儀~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

マーリンズのロリアオーナーは、過去にもエクスポズを売却するなどオフを騒がせてきた。

 今季、優勝争いから早々と脱落したブルージェイズとマーリンズの間で、大規模なトレードが成立した。ブルージェイズが盗塁王3回の遊撃手ホセ・レイエス、先発左腕マーク・バーリー、快速右腕ジョシュ・ジョンソンら5選手を獲得し、若手選手7人を放出。ここ数年、動きが遅い傾向のあったオフ市場で、早い時期に大物選手が動いたトレードに、球界関係者も驚きを隠せなかった。

 今回の大型トレードが反響を呼んだのは、昨オフにFAで移籍しながら、わずか1シーズンでトレードされたバーリーが「オレはマーリンズにウソをつかれた」と、球団批判したからだけではない。また、コミッショナーのバド・セリグ氏が、球団解体に着手したマーリンズのオーナー、ジェフリー・ロリア氏の経営方針を追及したからでもない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

フロリダ・マーリンズ
ジェフリー・ロリア

MLBの前後の記事

ページトップ