SCORE CARDBACK NUMBER

両雄の激しい王者争いが
思い出させてくれたもの。
~アロンソvs.ベッテル、決着へ~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/11/22 06:00

両雄の激しい王者争いが思い出させてくれたもの。~アロンソvs.ベッテル、決着へ~<Number Web> photograph by AFLO

アブダビGPで2、3位に入ったアロンソ(左)とベッテル。笑顔の裏で意地がぶつかり合う。

 大接戦のF1グランプリ2012。首位交代劇を振り返ると、序盤からF・アロンソ、L・ハミルトン、S・ベッテルの三つ巴の戦いで目まぐるしくトップが入れ替わった。

 中盤戦からは、アロンソがフェラーリで着実なレース運びを進める一方、ベッテルは首位をうかがうどころか一時最大44点差まで下がった。1位=25点なので、これはほぼ2レース分に相当する。

 しかしアロンソは第12戦ベルギーGPでR・グロジャン、第15戦日本GPでK・ライコネン(ともにロータス勢)との1コーナー接触事故により2グランプリ無得点。ベッテルは第14戦シンガポールGPからの連勝で一気に4点差に肉薄し、最速マシン・アップデート開発に成功したレッドブル・ルノーとともに第16戦韓国GPで11戦ぶりに首位に浮上した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 581文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

フェルナンド・アロンソ
セバスチャン・ベッテル
フェラーリ
レッドブル

F1の前後のコラム

ページトップ