スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

WBC3連覇阻止を目論む米韓の実態。
辞退者続出の侍ジャパンはどうなる!? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2012/11/12 10:30

WBC3連覇阻止を目論む米韓の実態。辞退者続出の侍ジャパンはどうなる!?<Number Web> photograph by Koji Asakura

バック・マルティネス、デーブ・ジョンソンの次にアメリカ代表監督に就任したジョー・トーリ。ワールドシリーズ優勝4回(ヤンキース時代。うち3回は連覇)、リーグ優勝6回、最優秀監督賞2回という、まぎれもない名将である。

アメリカは名将トーリ監督の統率力で選手をスカウト?

 この流れを変えると期待されているのが、第3回大会の監督に発表されているジョー・トーリだ。ニューヨーク・ヤンキース、ロサンゼルス・ドジャースなどで監督を務めた日本でもおなじみの監督だ。

 若い選手の間には、「トーリの下でプレーしてみたい」と前向きに考える選手もいるようだから、調整をまともにしないベテランよりも、WBCに積極的に参加したい若手を起用していくのではないか。

今大会では、20代前半の若手+ベテランという五輪に近い編成か。

 特にナショナル・リーグの首位打者で、ワールドシリーズでも活躍したバスター・ポージー(ジャイアンツ)、アメリカン・リーグで毎年のように首位打者争いを繰り広げるジョー・マウアーは代表入りを前向きに捉えているという情報がある。

 また、昨季デビューし、スーパースターへの道を歩んでいるマイク・トラウト(エンゼルス)、ブライス・ハーパー(ナショナルズ)などの若手をトーリ監督が選ぶかもしれない。球団側もトーリの下でプレーするのなら、プラスに捉えるのではないか。

 想像するに、アメリカの場合は、オリンピックにおけるサッカーのイメージに近くなるかもしれない。20代前半の選手たちで編成し、それにプラスして参加を望むベテラン選手を加えていくという編成になるのではないか。

 ジョー・トーリという尊敬を集めている「顔」が、これまでとは違うアメリカ代表を作るかもしれない。これは、アメリカがWBCに積極的になる意味でも、願いたいところだ。

初優勝と兵役免除がかかる韓国は、本気で勝ちに来る!!

 最新の「Number」816号でも触れたのだが、韓国代表はWBCでは優勝がなく、前向きに編成を組むだろうと予想される。

 北京オリンピック、2009年のWBCで代表が活躍したことが、国内のプロ野球の盛り上がりに直結したからだ。

 結果によっては兵役が免除になる場合もあるから、特にまだ兵役についていない若手選手のモチベーションは非常に高い。

【次ページ】 韓国はベストメンバーで、必勝を期して参加予定。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョー・トーリ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ