SCORE CARDBACK NUMBER

たとえ地味でも無名でも。
これが新K-1の生きる道。
~初の日本大会で示した指針~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/10/30 06:00

たとえ地味でも無名でも。これが新K-1の生きる道。~初の日本大会で示した指針~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

実はK-1では準優勝が最高成績のミルコ。2-0の判定勝ちでベスト8へと駒を進めた。

「これがK-1?」。かつて格闘技専門誌で働いていた知人は新K-1初の日本大会(10月14日・東京)を見て目を疑ったという。無理もない。彼が取材していた旧K-1と比べたら、何から何まで趣を異にする大会だったからだ。

 リングサイドに名のあるタレントが勢ぞろいしているわけでもなければ、豪華な大会パンフが販売されているわけでもない。唯一K-1らしい豪華な入場ゲートは用意されていたが、かつてのK-1が漂わせていたゴージャスな異空間というべきムードは漂っていなかった。

 今大会の目玉はK-1のトレードマークであるヘビー級GP開幕戦だった。しかしながら、一般大衆にも響く名前を持つ選手といえば、メインイベントに出場したミルコ・クロコップ程度。前座に出場した選手に至っては、格闘技専門誌の記者ですら知らない無名ばかりだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ミルコ・クロコップ

格闘技の前後のコラム

ページトップ