SCORE CARDBACK NUMBER

ラスト4戦で首位交代。
戴冠のカギは予選にあり。
~ベッテル対アロンソ、F1王者は~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2012/10/25 06:00

ラスト4戦で首位交代。戴冠のカギは予選にあり。~ベッテル対アロンソ、F1王者は~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

アジアラウンド3連勝で75点獲得のベッテル(左)が一時は独走していたアロンソを抜いた。

 韓国GPで3連勝、今季4勝目を決めたS・ベッテルがF・アロンソから首位を奪還した。アロンソとは6点差、第17戦インドGPからのラスト4戦でチャンピオンシップV3を目指す。

 アロンソにすればベルギーGPと日本GPで1コーナー事故にまき込まれ、少なく見積もっても20ポイントをふいにしたのが響いている。現状のフェラーリ・マシンには予選上位を奪える戦闘力が無く、3列目スタートを余儀なくされ、混戦集団に身を置かざるを得なかった。一方ベッテルは日本GPでPP、韓国GPは予選2位。レース主導権を序盤に握り、得意の逃げる展開に持ち込み日韓連戦で圧勝した。後続3位アロンソにプレッシャーをかけられるような場面はなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

セバスチャン・ベッテル
レッドブル
フェルナンド・アロンソ
フェラーリ

F1の前後のコラム

ページトップ