熱パ!クライマックス劇場BACK NUMBER

リーグ3位からの下剋上なるか?
ソフトバンク、CS突破の3つの条件。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/10/17 11:55

リーグ3位からの下剋上なるか?ソフトバンク、CS突破の3つの条件。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

リリーフとしての活躍となると、9月18日の西武戦から5試合連続、13イニングを無失点継続中という活躍ぶりを見せている岩嵜。

今季3勝と相性のいい日本ハム相手に武田はどう投げる?

 初の大舞台で苦い経験をしたからこそ、武田は自分を俯瞰して分析することができたのだろう。ファイナルステージ進出を決めた直後、ベンチ裏ではどこからともなく「武田、次も投げるからな!」という声が飛び交った。その檄に、いつもの笑顔で「はい!」と大きくうなずく武田の姿があった。

 CSでは現在、ローテーション投手の登板間隔は「中4日」が通例となっている。その流れでいくと、ファイナルステージ第2戦でエースの攝津正が投げ、第3戦では武田がマウンドに上がる予定となる。ファーストステージでの痛恨劇を経て平常心を取り戻した彼のことだ。今季3勝と相性のいい日本ハムを相手に、いつも通りの投球をしてくれるだろう。

「みんなから『核弾頭、行け!』と言われたんで」

 投手のみならず、攻撃陣にもファーストステージでしっかりとファイナルステージへの布石が打たれていた。

 それは打順。

 3つ目の必勝要素だ。

 ファーストステージ第3戦で、ソフトバンクは大幅な打線のテコ入れを施した。第2戦まで5番を務めていた松田宣浩を1番に繰り上げたのだ。

「調子がいい順に使っていくんだよ」

 秋山幸二監督は打順の組み替えについて、そうサラリと言ってのけたが、チームのムードメーカーである松田が1番に座るのは短期決戦においては有効かもしれない。

「(1番を伝えられたのは)試合前のミーティングだったので緊張しましたけど、みんなから『核弾頭、行け!』と言われたんで、起爆剤になれるように。チームに元気を与えられるスイングを心掛けました」

 事実、この試合での松田は初球からどんどんバットを振った。さらに、彼には一発があり、ノーサインでも果敢に次の塁を狙う走塁がある。日本ハムの栗山英樹監督も、「ああいうがむしゃらな存在は大きい」と警戒しているだけに、このシリーズで松田が果たすべき役割は重要だ。

【次ページ】 小久保は、身体の調子が良すぎて打撃不振だった!?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
陽耀勲
吉川光夫
武田勝
森福允彦
武田翔太
岩嵜翔
小久保裕紀
摂津正
中島裕之

プロ野球の前後のコラム

ページトップ