熱パ!クライマックス劇場BACK NUMBER

リーグ3位からの下剋上なるか?
ソフトバンク、CS突破の3つの条件。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/10/17 11:55

リーグ3位からの下剋上なるか?ソフトバンク、CS突破の3つの条件。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

リリーフとしての活躍となると、9月18日の西武戦から5試合連続、13イニングを無失点継続中という活躍ぶりを見せている岩嵜。

第1戦での岩嵜の投球が、CSでの趨勢を決める!

 岩嵜は今季、序盤はローテーションを任され、終盤になると中継ぎも経験した。ファーストステージ第3戦では2番手としてマウンドに上がり、2回を完璧に抑える好投。大舞台でのリリーフは、岩嵜の気持ちにゆとりを持たせる結果となった。

「CSという舞台で気持ちは入りました。入りすぎていたくらいで。でも、森福(允彦)さんから、『あんまり力むなよ』と言ってもらったし、コーチからも『気を抜くな。全部、勝負球で行け』と言われているから、力みが取れて、しっかりと腕を振る自分のピッチングができるようになりました。ここまで来たら先発に未練はありません。チームのためにCSでもどんどん投げていきたい」

 プレーオフがCSと名称を変えた2007年以降、初戦に勝ったチームが全て日本シリーズへの進出を決めている。第1戦での岩嵜の投球が、もしかしたらファイナルステージの趨勢を占う重要な分水嶺になるかもしれない。

「この経験を必ず生かしたいです」と決意を新たにする武田。

 もうひとつのポイントも投手となる。ルーキー・武田翔太だ。

 高卒1年目ながら8勝を挙げた武田だが、ファーストステージ第2戦では2回途中5失点と、今季初の炎上でノックアウト。西武打線の術中にはまってしまった。

「高卒ルーキーは大事な試合で投げた経験がありませんからね。彼はどの球もストライクを投げられますけど、それはストライクゾーンが来ると予想できることにもなる。球数も少なく抑えられるピッチャーだけど、その分、うちの1、2番のように粘って多く投げさせられれば。試合ではそれができてよかった」

 西武・中島裕之は試合後、武田攻略の糸口をそう説明した。

 武田自身も相手の対策を認識した上で、「いい経験」としてこの試合での投球を真摯に受け入れた。

「こういう試合は今までありませんでした。打たれ始めて余裕がなくなって、牽制球を多くするほど自分を追い詰めてしまったというか。全部悪い方向に進んでしまいました。次も投げさせてもらえるだろうから、この経験を必ず生かしたいです」

【次ページ】 今季3勝と相性のいい日本ハム相手に武田はどう投げる?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
陽耀勲
吉川光夫
武田勝
森福允彦
武田翔太
岩嵜翔
小久保裕紀
摂津正
中島裕之

プロ野球の前後のコラム

ページトップ