SCORE CARDBACK NUMBER

シンクロ界の悪循環を、
新代表コーチは絶てるか。
~ロンドン五輪での雪辱に向けて~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/05/31 06:00

シンクロ界の悪循環を、新代表コーチは絶てるか。~ロンドン五輪での雪辱に向けて~<Number Web> photograph by KYODO

昨年の世界選手権で練習する日本チーム。史上初のメダルなしの雪辱はいつ果たせるか?

 5月6日、不在だったシンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチに、47歳とシンクロ界では若手で昨年までシニア代表の指導歴のなかった花牟礼雅美氏の就任が決まった。「若い指導者を育てたい」からだと日本水泳連盟幹部は言うが、一抹の不安を感じる。

 実はシンクロ界は、この数年、若い人材を代表ヘッドコーチに選んできた。2004年のアテネ五輪後、長年指導にあたり日本を強豪に育て上げた井村雅代氏が退任したこともあって、次代の指導者を見出そうという意図だった。

 だが試みは成功していない。若手が就任しては短期間で辞任、というドタバタが続いているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

32カ国が語るW杯の論点。

Sports Graphic Number 754

32カ国が語るW杯の論点。

 

関連記事

花牟礼雅美
井村雅代
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ