SCORE CARDBACK NUMBER

ミラクルか、円熟か――。
最近のタイガーに思うこと。
~過去の自分のゴルフとは決別!?~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2012/08/03 06:00

ミラクルか、円熟か――。最近のタイガーに思うこと。~過去の自分のゴルフとは決別!?~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

全英オープン4日間でのティーショット平均飛距離は276.4ヤード。83選手中74位だった。

 今年の4大メジャーも、マスターズ、全米オープン、全英オープンと3大会が終わった。その中で特に気になっているのが、タイガー・ウッズのスタイルの変化である。

 今季は米ツアーのアーノルド・パーマー招待で優勝して以来、全英までに3勝しているが、メジャーでは'08年全米オープン以来約4年間、無冠が続いている。

 4月のマスターズは40位タイ、6月の全米は2日目まで周到なゲームプランで首位タイで折り返したものの、3日目に崩れて21位タイ。

 そして7月の全英では3日目まで首位と5打差の4位と優勝を狙える位置にいたが、最終日6番ホールでのトリプルボギーが響いて、3アンダーの3位タイに留まった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 528文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ