ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

モロッコ戦はスペインを反面教師に!
山口螢らが語る最大の懸念とは? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Ogura/JMPA

posted2012/07/29 14:20

モロッコ戦はスペインを反面教師に!山口螢らが語る最大の懸念とは?<Number Web> photograph by Naoki Ogura/JMPA

スペイン戦、ボランチの山口螢は、豊富な運動量を生かし、東、清武らと連動した守備でスペインの巧みなパスワークを寸断。日本の勝利に大きく貢献した。モロッコ戦に向けても、浮かれることなく、冷静な分析と対策を語ってくれた。

「スペインに勝っても誰ひとり満足していない」(清武)

 清武は、厳しい表情で、こう言った。

「もう一度、初戦が始まるんだという意識で戦わないと。ただ、みんな、スペイン戦に勝っても誰ひとり満足していないし、“次”って、もう切り替えている。勝利に浮かれていないし、次、勝つことに集中している。どんなに苦しくてもスペインに勝った喜びをみんな体験したんで、次もみんな、頑張れる。こんなところで負けてられないっすよ」

 選手、誰もがモロッコ戦で、グループリーグ突破を決める覚悟でいるという。確かに決勝トーナメント進出を決める大事な試合になるが、今後を占う重要な試合にもなる。吉田の挙げたポイントを克服できるかどうかを含めて楽観はできない。ただ、チーム力もスタイルも全く異なる相手に連勝できれば、今後、ある程度、どんな相手にも対応が出来るようになるだろう。そして、その先には、首位通過した場合に準々決勝の会場となるオールド・トラッフォードの灯が見えてくるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
永井謙佑
山口螢
吉田麻也
清武弘嗣
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ