私とDo 特別編BACK NUMBER

<私が山に登る理由> 山好きのバイブル・山と溪谷編集部のみなさん 「自由を楽しむ山の達人たち」 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/07/26 06:00

<私が山に登る理由> 山好きのバイブル・山と溪谷編集部のみなさん 「自由を楽しむ山の達人たち」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

神谷さんが沢登りを愛する理由は「自由」だから。

 子供の頃から親に連れられて、登山はしていたんです。中高は遠ざかっていたんですが、大学で上京したら無性に自然と関わりたくなって、ワンダーフォーゲル部に入部しました。その後も社会人山岳会に入ったり……。

神谷浩之さん 37歳、入社7年目。沢登り担当。

 そのなかで普通に歩くのも、岩登りも雪山も一通りやりましたけど、一番好きなのは沢登りですね。何が楽しいって「自由」なんですよ。ハイキングだと登山道を歩かなくちゃいけない、岩登りも自由なようで、結構ルートが限られていたりする。それが沢登りだと違う。滝を迂回しても、垂直に登ってもいい。水の中を行こうが河原を歩こうが本当に自由。それに稜線や尾根を歩くと色々と先が見えますよね? でも谷の中って先が見えないんです。

 角を曲がると大きな滝やきれいな河原が急に現れる。何が起こるか分からないサプライズもいいんです。易しい沢登りだとルンルン気分で楽しく歩けるし、滝を本気で登ろうと思ったら真剣になるし、緩急のある山登りも僕にあってるんでしょうね。

              ◇    ◇    ◇

◆神谷浩之さんへのQ&A

Q1 登山歴は?
A1 20年
子供の時から親に連れられ登っていましたが、自分で登りはじめたのは18歳。

Q2 登山の頻度は?
A2 沢登りは年2~3回
最近は子供(4歳、1歳半)を連れてのファミリー登山がメインで月1~2回。

Q3 初めて登った山は?
A3 奥多摩の雲取山です
大学時代に登りました。子供のころに登った山で記憶にあるのは白馬岳と八ヶ岳。

Q4 あなたのこだわりは?
A4 ハンマー
ルートを切り拓くハンマーは自由の象徴。これは手になじむ重さがお気に入りです。

Q5 あなたの「一名山」は?
A5 劔岳です
岩があって、雪があって、森も沢もある。日本の山のすべての魅力がつまった山。

【次ページ】 クライミングの瞬間瞬間が楽しいと語る、大畑さん。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ