杉山茂樹のサッカー道場BACK NUMBER

サイド対策が無かった代表選手発表。
“専守防衛”の日本に勝ち目はない!! 

text by

杉山茂樹

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2010/05/13 10:30

サイド対策が無かった代表選手発表。“専守防衛”の日本に勝ち目はない!!<Number Web> photograph by AFLO

岡田武史監督によって代表メンバー23人が淡々と読み上げられた

W杯での敵は全て4-3-3。両サイドの攻撃能力が高い。

 グループリーグでの相手の布陣はいずれも4-3-「3」。「3」の両サイドに攻撃能力の高い選手がいる。彼らの攻撃をどう封じるか。これこそが岡田ジャパンの最大のポイントになる。

 一方の日本は、とりわけ、右サイドハーフ中村俊のプレス能力は限りなく低い。持ち場を離れ、真ん中にポジションを取ることも多い。相手が左から攻撃を仕掛けてくることは目に見えている。カメルーンがエトーをそこにぶつけてきたらどうするのか。オランダには今、世界で最もドリブルが切れているロッベンがいる。ファンペルシもいる。デンマークも、エースのベントナーは左サイドでの動きを得意とする。

 中村俊の後ろで構える選手は、後半くたくたになることが予想される。実際、昨年9月に行なわれたオランダ戦で、内田の足は終盤、棒になっていた。

「サイドを制するものは試合を制する」

 サイドを制するものは試合を制する。この現代サッカーの格言を忘れて本番に臨むと、僕はえらいことになると思う。さらに、その後方からサイドバックが一緒に上がってきたら、日本はずたずたにされる恐れがある。

 現代サッカーで問われているのは、サイドバックをいかに有効に使うか、だ。いかに彼らを攻撃に参加させるかだと言われるが、彼らの足が棒になっていれば、攻撃にはほとんど絡めなくなる。専守防衛になる。つまりプレッシングは決まらない。

 この心配は今に始まったわけではないが、この23人のメンバーを眺めると、あらためてサイド攻撃対策の甘さが心配になる。必要以上の大敗を喫しそうで、僕は怖い。

関連記事

BACK 1 2
岡田武史
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ