濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

格闘技なんて「怖くない、痛くない」。
ジムで体感できる一流選手の必殺技。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2012/05/22 10:30

格闘技なんて「怖くない、痛くない」。ジムで体感できる一流選手の必殺技。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

写真、総合格闘技ジム『TRIBE TOKYO M.M.A』の代表を務め、自身も日本屈指のファイターである長南亮選手(前列左から4番目)。そして、現役パンクラス王者である清水清隆選手(前列左端)。同ジムのトレーナーを務めるニック永末氏(後列左端)。そして、指導を受けた「格闘技未経験」の皆さん。

現役の一流アスリートの指導が受けられるという特長。

 教えてくれるのがPRIDEやUFCで活躍した長南と現役パンクラス王者の清水清隆なのだからなおさらだろう。

 終了後には、別の参加者から「一流の選手から手ほどきを受けられるだけで感動ものでした」、「運動不足は解消したいし、どうせやるなら格闘技と思ってたけど、なかなか一歩踏み出せないという感じだったので、とてもいいきっかけでした」という感想ももらった。

 現役のトップ選手に日常的に指導してもらえるのも、スポーツジャンルとしては珍しく、貴重なこと。それは『TRIBE TOKYO M.M.A』に限った話ではない。前回、紹介した『トイカツ道場』の戸井田カツヤ代表も日本屈指の寝技師。インストラクターの一人はDREAM王者の青木真也だ。格闘技界は“習う側”にとって贅沢な環境が整っている。

 ちなみにイベント後は、打ち上げの飲み会も開催した。汗をかいた後のビールはとにかく美味い。スポーツをやる理由は“ビールを美味しく飲むため”だっていいのだ。

 格闘技が好きで、少しでも体を動かしたいと思うのなら、格闘技ジムは最適の場所だ。魔裟斗や桜庭和志が使っていたのと同じ技を習いながら汗をかけるのなら、それに越したことはないではないか。フィットネスクラブでエアロバイクを漕ぐことと、格闘技ジムでローキックを蹴ってみることには、なんの違いもない。

関連記事

BACK 1 2 3
長南亮
清水清隆
戸井田カツヤ
青木真也

格闘技の前後の記事

ページトップ