SCORE CARDBACK NUMBER

2大ブランドが激突した
“もうひとつのクラシコ”。
~スポーツメーカーの代理戦争~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2010/05/07 06:00

2大ブランドが激突した“もうひとつのクラシコ”。~スポーツメーカーの代理戦争~<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

アディダス3本ラインを纏ったアルビオル(右)が、メッシのナイキ製ユニフォームを鷲掴み

 サンティアゴ・ベルナベウで行なわれた今季2度目のクラシコはバルセロナが0-2で完勝した。この試合はスペイン国内のTV視聴率が60%を越えるなど1100万人以上の人が観戦しており、ローカル局や衛星放送も含めると、TV観戦者数は過去最高に上るという。

 そんな大注目の一戦だったが、ピッチ外では複数の現地メディアが取り上げた、もう一つの戦いがあった。世界を代表するスポーツブランド、ナイキとアディダスの対決である。

 スター選手が共演するクラシコは、スポンサーにとっては両チームに入り乱れた契約選手の展示会のようなものだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

バルセロナ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ