野ボール横丁BACK NUMBER

沢村賞投手はなぜ翌年不調になる?
田中将大、頂点に立つ男の苦悩。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2012/05/09 11:55

沢村賞投手はなぜ翌年不調になる?田中将大、頂点に立つ男の苦悩。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

復帰の目処がまだ立たない田中将大。「こうなった以上は焦っても仕方がない」と本人は黙々と二軍で練習に励んでいる。「交流戦明けの6月下旬から」という報道もあるにはあるのだが……。

田中がワンランク上の投手になるために必要なこと。

 高校3年時に入った長いトンネルから田中がようやく脱したのは、プロ入りしてからだった。2年時の自分を追うことを止め、まったく新しい投球フォームを身に付けた。

 田中がもうワンランク上の投手になるのは、同様にまったく新しい自分を手にしたときだろう。そのことを誰よりもよくわかっているのは田中自身だろうし、その大まかな像はすでに田中の頭の中にあるに違いない。

 田中にとって今シーズンは、さらに大きく飛躍するために、かがんだまま過ごさなければならない年なのかもしれない。

 沢村賞を獲得するぐらいの投手はやはりただ者ではないのだろう、受賞翌年に成績が落ち込んだ投手も、その翌年は、ほぼ例外なくまた大活躍している。

関連記事

BACK 1 2 3
田中将大
香田誉士史
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ