NumberEYESBACK NUMBER

今から夏が楽しみな
センバツの好投手たち。
~大阪桐蔭・藤浪を超える逸材は?~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/04/27 06:00

今から夏が楽しみなセンバツの好投手たち。~大阪桐蔭・藤浪を超える逸材は?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

史上最長身優勝投手となった大阪桐蔭の藤浪は、全試合で150km台を記録。

 4月4日に幕を下ろした選抜高校野球大会を盛り上げたのは好投手たちだった。チームを優勝に導いた「なにわのダルビッシュ」こと藤浪晋太郎(大阪桐蔭)をはじめ、濱田達郎(愛工大名電)、柳裕也(横浜)、中村祐太(関東一2年)、大谷翔平(花巻東)と逸材たちが並ぶ。

 春から夏にかけて行なわれる地区大会や都道府県大会を経て、彼らがどのように本格化していくのか。好投手が多い今年はとりわけ、投手の動向に期待が高まるのである。

 藤浪は投げるごとによくなった。毎試合150kmを計測する安定感に加えて、変化球が素晴らしかった。120km前後のスライダーに130km台後半のカットボールを組み合わせ、これにフォークボールを交える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1050文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

藤浪晋太郎
濱田達郎
柳裕也
中村祐太
大谷翔平
大阪桐蔭高校
愛工大名電高校
横浜高校
関東一高校
花巻東高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ