メディアウオッチングBACK NUMBER

オシムと過ごした50時間、
その豊穣なる矛盾を愉しむ。
~『オシム 勝つ日本』取材秘話~ 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2010/05/01 08:00

オシムと過ごした50時間、その豊穣なる矛盾を愉しむ。~『オシム 勝つ日本』取材秘話~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『オシム 勝つ日本』 田村修一著 文藝春秋 1333円+税

オシムの「矛盾」に日本サッカーを考えるヒントがある。

 オシムとはかくも愛すべき、そして矛盾に満ちた人である。僭越を承知で言えば、この特徴は彼のサッカー哲学にも相通ずるのではないか。

 ゼレスニチャールからユーゴ代表、シュトルム、ジェフ、日本代表に至るまで、オシムは常に「弱者」を指揮してきた。

 しかし彼は、ありきたりな「弱者の戦い方」――ひたすらに守備を固めてカウンターを狙うような戦術には与しない。むしろ失うもののない立場であればこそ、リスクを冒してでも勝機を見出そうとする。オシムとは弱者を率いながらもスペクタクルなサッカーを実践し、さらには結果も残すという、鼎立させ難い目標を追求した稀有な監督だった。

 故にオシムの言説は、ときとして矛盾に満ちたものとなる。おそらく本書を手にされた方々も、最初は多分に戸惑いを覚えるに違いない。

 だが諸兄姉には、あえて「矛盾」を愉しんでほしい。繰り返し投じられる深遠な問いは、日本サッカーの未来を考える最良の触媒である。と同時にそれは、ボヘミアングラスのようにまばゆく光を乱反射する、イビチャ・オシムという人間の紛れもない一部なのだから。

『オシム 勝つ日本』

文藝春秋BOOKS

『オシム 勝つ日本』

ワールドカップ南アフリカ大会に向けて、オシムが語る日本サッカーへの想い。合計50時間以上に及ぶ膨大なインタビューの中にちりばめられた、新オシム語録。

<本体1,333円+税/田村修一>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2
イビチャ・オシム

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ