SCORE CARDBACK NUMBER

タイガーvsマキロイに潜む、
マスターズの勢力争い。
~米国vs欧州の代理戦争!?~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2012/04/05 06:01

タイガーvsマキロイに潜む、マスターズの勢力争い。~米国vs欧州の代理戦争!?~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

復活Vで自信を取り戻したタイガー・ウッズは、2005年以来となるマスターズ5勝目を狙う。

 タイガー・ウッズが、「アーノルドパーマー・インビテーショナル」で、米ツアー2年半ぶりとなる優勝を遂げた。通算72勝。あと1勝で、ジャック・ニクラスと並ぶ歴代2位となる(1位は82勝のサム・スニード)。これで、完全復活をアピールしてマスターズに臨む。

 マスターズ2週間前の大会で勝利したことで、優勝争いの行方とゲーム全体の流れは、タイガーのスコアポジションが軸になるはずだ。その昔、ニクラスがキャスティングボートを握っていたように。

「ニクラスを5打リードして最終日を迎えても、彼の存在は見逃すことができない。彼なら十分に逆転可能だから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

タイガー・ウッズ
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ