SCORE CARDBACK NUMBER

超新星オカダ・カズチカが秘める
無限大の可能性。
~IWGPヘビー級王座を初防衛~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/04/04 06:01

超新星オカダ・カズチカが秘める無限大の可能性。~IWGPヘビー級王座を初防衛~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

内藤を踏みつけ、Vポーズを決めるオカダ。棚橋からの衝撃の奪冠以来、勢いが止まらない。

 旗揚げ記念日興行で、勝者の顔写真入り100ドル札が2階バルコニーから降ってきた。新世代のエースらしいきらびやかな初防衛シーンだった。

 3月4日、東京・後楽園ホールで行なわれた新日本のIWGPヘビー級選手権。王者オカダ・カズチカが28分50秒、食い下がる挑戦者内藤哲也を必殺のレインメーカー(ショートレンジのラリアット)で仕留め、フォールを奪った。その瞬間、超満員のホールに“お札”が舞ったのだ。心憎い演出。それが本物でなかろうとも、天井からお金が降ってくれば誰でもハッピーな気分になる。虎マスクを被った小学生の坊やが「100ドル紙幣」を鷲掴みにし、「やった! やった!」と、母親と抱き合っている。こんな光景を見たのは初めてだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 600文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

オカダ・カズチカ
棚橋弘至

プロレスの前後のコラム

ページトップ