SCORE CARDBACK NUMBER

ノア浮沈のカギを握る、
“覚醒した怪物”森嶋猛。
~3月18日、初防衛戦へ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/03/07 06:00

ノア浮沈のカギを握る、“覚醒した怪物”森嶋猛。~3月18日、初防衛戦へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ベルトを巻いた森嶋は、「この4年間があったからこそ今がある」と万感の思いを語った。

「今年のノアは俺が引っ張る。みなさん、ついてきて!」

 ノアの今年初の大会(1月15日、後楽園ホール)で“怪物”モリシーこと森嶋猛が行なったマイクアピールが、現実のものとなった。1月22日、大阪府立体育会館で、王者・潮崎豪をラリアット3連発から得意のバックドロップで倒し、GHCヘビー級王座を奪取したのだ。実に3年4カ月ぶりの王者返り咲きだった。

 '08年3月、日本武道館で三沢光晴を破って初戴冠。190cm、160kg(最重量時)の巨体を誇り、小橋建太に次ぐ“不動のエース”として期待されたものだ。しかし逆にそのウエートが災いし、ヒザの故障で大ブレーキ。低迷が続いていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 647文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

森嶋猛
潮崎豪
杉浦貴
秋山準
齋藤彰俊

プロレスの前後の記事

ページトップ