青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

日本とアメリカを股にかける石川遼。
米ツアーの大改革は有利か不利か? 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/03/28 10:30

日本とアメリカを股にかける石川遼。米ツアーの大改革は有利か不利か?<Number Web> photograph by AFLO

フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブで行なわれたアーノルド・パーマー招待は、通算5オーバー293で53位タイに終わった。

勝てるコースを見極めるために米ツアーの積極参戦を!

 公式会見で海外メディアから米ツアー参戦について質問を受けた石川は「今の自分があるのは日本ツアーとその制度のおかげ。だから、今すぐに米国に来て日本に1回も帰らないというスケジュールは考えていない」と答えていた。

 今季シード権を得て、来季2つのツアーを掛け持ちするならば、その他の選手よりも出場試合が減るのは否めない。その時に必要になるのは効率のいい参戦スケジュール。時間的な効率のよさではなく、いかに効率よく成績を残せるかである。

 プエルトリコ・オープンは初出場にもかかわらず2位と大活躍。一方で「コースを知っている分、プレーしやすいはず」と話していたトランジションズ選手権は苦手な林間コースに手を焼いて3年連続の予選落ちに終わった。

 どのコースが相性がよく、どの大会が好成績が望めるのか。今季できるだけ多くの米ツアーに出ることで、各トーナメント開催コースとのお見合いを済ませることができる。相性のいいコースでの戦いを軸に参戦スケジュールを組めば、リスキーな入れ替え戦を回避できる可能性も高まるだろう。

 日本のファンにとっては少し寂しいことになってしまうが、石川の将来を考えれば今季はちょっぴり辛抱すべきかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ