SCORE CARDBACK NUMBER

女王から勝利を奪った、
高梨沙羅が掴んだ自信。
~W杯ジャンプ女子最終戦を終えて~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2012/03/24 08:00

女王から勝利を奪った、高梨沙羅が掴んだ自信。~W杯ジャンプ女子最終戦を終えて~<Number Web> photograph by Shino Seki

W杯第11戦で女王サラ(左)を見事破り、男女を通じて最年少優勝を果たした高梨(中央)。

 3月9日、ノルウェー・オスロでの最終戦をもって、ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップは終了した。

 ワールドカップ開催の最初のシーズン、日本勢では、中学3年生の高梨沙羅が総合3位に入った。特筆すべきは、大会の出場数が少ない中での成績であることだ。ランキングのトップ10のうち、全13大会に出場したのは総合優勝をおさめたサラ・ヘンドリクソン(アメリカ)をはじめ8人、12大会が1人。対する高梨は、ユースオリンピックなどがあったため、9大会でしかない。にもかかわらず3位になったのは、好成績を続けてきたことを物語っているし、ジャンプに安定感が出てきたことの証明でもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

高梨沙羅
サラ・ヘンドリクソン
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ