SCORE CARDBACK NUMBER

悔しさを噛みしめる中島が見せた
無言の“意思表示”。
~屈辱のポスティング後、西武では~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/03/09 06:00

悔しさを噛みしめる中島が見せた無言の“意思表示”。~屈辱のポスティング後、西武では~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

守備練習に励む中島。キャンプの出陣式では「また一から、キッチリやりたい」と語った。

 ヤンキースは罪作りなチームだ。

 遊び半分としか思えないポスティングをし、権利を得た後は西武の中島裕之に屈辱的な条件を提示した。エリート街道を歩き続けてきた男にしてみれば、かつて経験したことのない敗北だった。

 昨季は2割9分7厘、16本塁打、21盗塁、100打点を上げ、CS出場の立役者となった。この実績を引っさげてアメリカ挑戦のはずが、現状維持で古巣と再契約をしなければいけなかった中島の気持ちは、いくばくのものだろうか。キャンプ序盤、雨の宮崎・南郷の室内練習場で中島に、“吹っ切れた?”と尋ねると、“過ぎたことですから”と視線を落とした。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中島裕之
埼玉西武ライオンズ
浅村栄斗
松井稼頭央

プロ野球の前後のコラム

ページトップ