ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

離脱者多数でU-23代表はどう戦う?
マレーシア戦前夜の最新現地ルポ。  

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/02/21 12:00

離脱者多数でU-23代表はどう戦う?マレーシア戦前夜の最新現地ルポ。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「(5カ月ぶりにU-23代表に選ばれて)感謝しないといけない、と。協会にも、関塚監督にも。その感謝の気持ちを結果で出せるようにしたい」と意気込みを語っていた原口元気

「やってやりますよ」と目をギラつかせる原口。

 とにかく、皆が得点に非常に貪欲になっている。

 扇原貴宏が「シリア戦で、最後に決められたゴールのように思い切り打てば、決まる可能性が出てくる。その思い切りを大事にして、シュートを打っていきたい」と言うように、DF陣、ボランチがロングシュートの練習をよくしていた。

 前線の選手は、サイドの崩しからシュートを外すと他選手から遠慮なくブーイングが出るなど、よりシュートの精度を求められた。選手の表情も攻撃のキーマンとなる原口が「やってやりますよ」と目をギラつかせるなど、一様に厳しく、緊張感が漂っている。決戦を前にチームは、イイ感じに仕上がってきている。

「5点は取りたい」

 山口螢は、そう言った。

 選手個々が勇気を持って繋ぐサッカーを貫き、多くのチャンスを作ることができれば、二兎を得ることは決して不可能ではない。

関連記事

BACK 1 2 3
権田修一
東慶悟
原口元気
扇原貴宏
山口螢
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ