ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

クロップ監督が異例の長期契約延長。
欧州制圧を狙うドルトムントの野望。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2012/02/12 08:01

クロップ監督が異例の長期契約延長。欧州制圧を狙うドルトムントの野望。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

2016年6月までの契約延長が決まったクロップ監督。全うすれば、8シーズンでクラブ史上最長期間となる

主力スポンサーとの契約延長も締結し、財政面も盤石に。

 クロップ監督とツォルクSDとの契約延長が決まった週、優勝を争うライバルが軒並み引き分けたために、今シーズン初めて勝ち点の差をつけて単独首位に躍り出た。

 極めつけは、その週の最終日である日曜日の夕方に発表された、ユニフォームの胸スポンサーを務めるエボニク社とのスポンサー契約の延長だ。

 新たな契約期間はクロップやツォルクと同じく、2016年6月末まで。さまざまなオプションがつき、最大で年間1500万ユーロを支払う契約だ。これは、フォルクスワーゲン社が実質的な親会社として年間3000万ユーロ以上を支払うヴォルフスブルク、ドイツテレコムとの巨額契約を結ぶバイエルンに続く、数字だ。

『WAZ』紙はドルトムントに明るいニュースが続いた週末を「ドイツ王者らしい週末」と表現し、ベッケンバウアー氏は「ドルトムントは紛れもない優勝候補だ」とたたえた。

 ドイツの人気クラブから、ヨーロッパの人気クラブへ。

 ドルトムントは、さらにスピードを上げて走り出していくことになる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ドルトムント
ユルゲン・クロップ
マルコ・ロイス
香川真司
ミヒャエル・ツォルク
バイエルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ