日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

元日本代表の波戸康広氏が分析する、
“ブレイク予備軍”酒井宏樹の課題。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/02/09 10:31

元日本代表の波戸康広氏が分析する、“ブレイク予備軍”酒井宏樹の課題。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

FIFAの公式サイトで「今年注目の若手選手13人」にも挙げられている酒井宏樹。サイトではバルセロナのダニ・アウベスと比較されているが……クラブW杯に続く、ロンドン五輪での世界的プレーが期待される

「味方を使う」意識が身につけば、内田のライバルに。

「また、彼はサイドからゲームをつくれる選手。(昨季リーグMVPの)レアンドロ・ドミンゲスが酒井をうまく使っていたという論調がありますけど、僕から言わせると、酒井のほうがレアンドロ・ドミンゲスをうまく使っていたという印象。つなぐ意識が高く、周りを使って自分がクロスを上げるまでのイメージを彼なりにつかんでいたように思う。体格もあって守備力は向上しているから、あとは代表でも攻撃において自分の色を出せるようになるともうひと皮むけてくる。そうなればA代表のレギュラーである内田のライバル的な存在になっていくことは間違いないと思います」

 酒井に代表で求められる「味方から使われる」ではなく「味方を使う」意識――。

 自らイニシアチブを執っていく機会が増えれば、チームの攻撃のバリエーションは広がりが出てくる。それが、ロンドン五輪出場に向けてひとつのカギを握ってくるのかもしれない。

 もうひと皮むければ、酒井は“大器”の道を往けるはずである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

酒井宏樹
波戸康広
柏レイソル
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ