ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

<五輪代表連続インタビュー#6> MF・東慶悟 「彼らを生かしながら自分も生きる」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/02/03 10:30

<五輪代表連続インタビュー#6> MF・東慶悟 「彼らを生かしながら自分も生きる」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

大分トリニータ時代の2009年にJ2へ降格した経験を持つ東慶悟。昨年は所属する大宮アルディージャがJ1降格の危機にも見舞われたが、U-22日本代表での活躍ぶりをそのまま持ち帰ったかのような東の獅子奮迅の活躍で、13位でシーズンを終えている

レギュラーとしてプレーし続けても、常に危機感を抱く。

――アジア大会優勝時から最終予選のシリア戦まで、ほぼレギュラーでプレーし続けた自分でも危機感がある?

「すごくありますね。特に今年は本大会があるので、チームでもしっかりがんばっていいプレーをしつつ、代表でも結果を出さないと僕のポジションはないと思っています」

――逆に、今のチームのなかで自分が生き残る術があるとしたら?

「優秀なアタッカー陣は、それぞれみんないいところを持っているじゃないですか。それを僕がうまく引き出すことができれば、チームの勝利に貢献できると思う。まずはそこですね。それに加えて、彼らを生かしながら自分も生きること。弘嗣君、元気君はよく知っているし、永井(謙佑)君、直輝君、大津君の特徴もわかっているので」

2月5日は「内容はどうでもいいから、とにかく勝ちたいですね」。

――2月5日、アウェーのシリア戦がある。ロンドン行きをかけた大一番になると言われているけど、注意すべきは国立でも点を取られた10番の選手?

「そうですね。失点したのも10番の勢いのあるプレーと個人技にやられた。身体が大きいだけじゃなく、シュートもうまいし、キープ力もすごい。シリアの攻撃のキーマンなので、同じような感じでやられないようにしっかり注意していかないと。あと、7番と8番もスピードがあって、身体を張ってプレーしていた。ホームだと彼らはもっと迫力を持って前に出てくるので、相当厳しい試合になると思います」

――勝つためのポイントは?

「やはり、失点しないこと。相手に先制点を奪われると勢いづかれてしまう。だからといって、自分たちも守備だけになってしまうとホームでの後半のように相手がどんどん前に出てきて、攻撃に迫力が増してくる。立ち上がりは慎重にしつつ、必ず自分らの時間も作れると思うので、そのときにしっかり点を取れれば……。内容はどうでもいいから、とにかく勝ちたいですね。アウェーで負けてしまうとシリアとは勝ち点差が3しかないので並ばれてしまう。でも勝てば、勝ち点差を大きく広げることができるし、ロンドンも見えてくる。オフ明けでコンディションの調整とか試合勘の問題とかもあるけど、勝つことだけを考えてシリアに挑みます」

【次ページ】 ◆◆ 東慶悟を知るための7つの質問 ◆◆

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東慶悟
大宮アルディージャ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ