青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

「石川遼への罵声」報道の真相。
選手と観客が共有すべきマナーとは? 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byUS PGA TOUR/getty images

posted2012/01/19 11:50

「石川遼への罵声」報道の真相。選手と観客が共有すべきマナーとは?<Number Web> photograph by US PGA TOUR/getty images

第2ラウンドをイーブンパーの70でまわった石川。通算1オーバー、141のスコアで、通過ラインにわずか2打足りず、予選落ちを喫した

石川の頑なな態度がファンの暴走を助長するのか!?

 石川からしてみれば「自分はファンのためにも最高のパフォーマンスを見せようと頑張っている。それなのにどうして邪魔をされなくちゃいけないのか」という気持ちかもしれない。

 予選落ちした後に「しばらくハワイに残りますけど、できるだけ環境のいいところで練習させてもらえれば」と語っていた石川は、ソニーオープンの会場とは別の場所で練習に励んでいた。しかし米ツアーの練習設備であれば、本来どこであろうとお粗末なはずはない。要は芝の状態やボールなどの問題ではなく、それ以外の外的要因があまりにも煩わしいのである。

 たとえば2日目の18番、予選落ちの決まった石川のホールアウト直後にこんな一幕があった。

 スタンドにいたギャラリーの男性が「石川! 石川!」と懸命に呼びかけたが、まったく反応しない。次に「遼くん! 遼くん!」。それでもダメとみるや「この野郎、もっとしっかり練習しろ!」と八つ当たり気味に罵声を飛ばした。

「石川はもっとファンサービスするべきだ」という現地の日本人の声も聞いたが、こうなってくるとお互いさまという気もしてくる。

 石川サイドにもファンにも求められるのは、思いやりと気遣いだ。応援スタイルどうこうではなく、まずはそこから始めなければいけない。

 青木功が記念すべき米ツアー日本人初優勝を飾ったワイアラエCCで行なわれた今大会。大勢の日本人の応援も力とならずに予選落ちしたのは、コナウインドよりもファンとの間に吹いたすきま風のせいだったかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ