Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<リーディングジョッキーが語る> 福永祐一 「鞍上鞍下の意思疎通」 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKei Taniguchi

posted2012/01/20 06:00

<リーディングジョッキーが語る> 福永祐一 「鞍上鞍下の意思疎通」<Number Web> photograph by Kei Taniguchi

松田博資厩舎の馬房でジョワドヴィーヴルと。今年はこの2戦2勝のGI馬とともに牝馬クラシック戦線に臨む

騎手は、もの言わぬサラブレッドの仕草から何を感じ、
いかなる方法で意思を伝え、勝利に導いているのか。
その奥深いコミュニケーションの実際を、16年間の
競馬人生で、いま最高の手応えを感じている男が語る。

 2011年、福永祐一は全国リーディングジョッキーに初めて輝いた。デビュー16年目にして到達した頂きは、1979年に落馬事故で騎手生命を絶たれるまで父・福永洋一元騎手が9年連続で君臨していた場所。その達成感が格別なものだったことは容易に想像できる。

 意外にも「自分は凡才」と言い切る彼が、ゆっくり時間をかけて自分のものにしてきたサラブレッドとのコミュニケーション技術と、自身の競馬人生、そしてその騎乗哲学を語ってくれた。

「騎手にとって、馬とのコミュニケーション能力というのは、メチャメチャ重要です。まず、いい競馬をするには、馬の力を引き出さないといけません。そのためには、馬を支配、制圧して上下関係をはっきりさせて動かす必要がある。でも、気分を損ねられてはダメ。人間に褒めて伸びるタイプと叱られて伸びるタイプがいるように、馬のタイプによって接し方も変えないといけないんです。

 たとえば、ムチで叩いてもダメな馬や叩くと減速してしまう馬がいます。繰り上がりでしたがフサイチパンドラという馬でエリザベス女王杯を勝ったときは、僕は一発も叩いていません。男馬と女馬のどちらかといえば、僕は男のほうには、バシバシ行く。女の子のほうはあんまりキツい操作はせず、気持ち的には、おだてて乗りますね(笑)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4025文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

心をつかむ対話術。~最強アスリートが明かすコミュニケーションの極意~
福永祐一
ジョワドヴィーヴル

競馬の前後の記事

ページトップ