SCORE CARDBACK NUMBER

冬の花園で確かめた、
宮城と大阪の“絆”。
~震災とラガーマンたちの成長~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2012/01/15 08:00

冬の花園で確かめた、宮城と大阪の“絆”。~震災とラガーマンたちの成長~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

仙台育英は1回戦で沖縄代表のコザを50対12で破るも、強豪・常翔を前に16強進出ならず

「最後にこの場所で、この相手と戦えて良かったですよ」

 12月30日。冷たい北風が吹き付ける花園ラグビー場の第3グラウンドで、宮城代表・仙台育英の丹野博太監督は、遠くを見るような目で言った。全国高校ラグビー2回戦、ノーシードから勝ち上がった仙台育英は、Aシードの大阪代表、常翔学園と対戦した。

 震災の混乱がまだ収まらなかった4月、ラグビー仲間に声をかけて集めた義捐金やラグビー用品を届けてくれたのが、全国優勝4回の名門・常翔学園(旧大阪工大高)だった。9月にはチーム総出で大阪から遠路仙台まで訪れ、復興支援試合も行なわれた。そのとき届けられた「がんばれ!」のメッセージ入りTシャツは、花園を目指す仙台育英ラガーメンの練習着となって汗を吸い込んだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

仙台育英高校
常翔学園高校

ラグビーの前後のコラム

ページトップ