SCORE CARDBACK NUMBER

元中日のステアーズが
42歳で輝き続ける理由。
~“代打の神様”は中年の星~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/04/05 06:00

元中日のステアーズが42歳で輝き続ける理由。~“代打の神様”は中年の星~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

中日時代はクリーンナップを務めるも打率2割5分、6本塁打と振るわず1年で帰国した

 1993年、中日ドラゴンズにマット・ステアーズというカナダ人選手が在籍していたのをご記憶だろうか。17年の年月を経た今季、その彼がメジャーでの活躍を目指し、サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を交わしているのだ。

 御年42歳。「近ごろはいつも『今季が最後になるかもしれないな』と感じながらプレーしているんだ」と言うとおり、この世界ではロートルと呼ばれる存在になって久しい。フィールドプレーヤーとしてまともに活躍したのは'07年の102試合出場が最後。一昨年は19試合、昨年にいたっては15試合と減少の一途を辿るのみ。もはや試合前、先発ラインナップの中に自分の名前を探す習慣もなくなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集プロ野球 人間交差点 2010

関連記事

マット・ステアーズ
サンディエゴ・パドレス

MLBの前後の記事

ページトップ