SCORE CARDBACK NUMBER

世界の高さを恐れない
小さなエースが躍動する。
~W杯バレー、米山裕太への期待~ 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/11/19 08:00

世界の高さを恐れない小さなエースが躍動する。~W杯バレー、米山裕太への期待~<Number Web> photograph by AFLO

攻守のバランスがとれた米山が入ると、コート内におけるボールの流れがスムーズになる

 11月20日、バレーボールの男子W杯が開幕する。対戦する11カ国すべてが世界ランキングでは18位の日本より格上だが、来年のロンドン五輪世界最終予選、そして五輪本番につなげるために、日本は1勝でも多く挙げたい。

 北京五輪では1勝が遠く、昨年の世界選手権は13位。その後はアジア大会で優勝するも、今年5~7月のワールドリーグは1勝11敗に終わった。世界のバレーは高さやパワーに加え、緻密さや組織力、速さといった、本来なら体格が劣る日本が勝らねばならない点においても急速に進化している。

 広げられた世界との差を埋めようと、日本は急ピッチでコンビの高速化やブロックの強化に取り組んだ。9月のアジア選手権でも5位と低迷したが、ここにきてチーム状態は徐々に上がってきた。攻撃の軸であるオポジットの清水邦広が怪我から復帰したのも明るい材料だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 560文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界で戦えるサムライの作り方。~日本サッカー育成最前線~

関連記事

米山裕太
福澤達哉
石島雄介
清水邦広
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ