SCORE CARDBACK NUMBER

バレー女子代表がW杯で
体現を狙う「超高速化」。
~半永久的な課題を克服するために~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/11/03 08:01

バレー女子代表がW杯で体現を狙う「超高速化」。~半永久的な課題を克服するために~<Number Web> photograph by AFLO

エース木村を中心に五輪出場権を狙う日本は、11月4日の初戦で前回覇者イタリアとあたる

 11月から12月にかけてバレーボールのワールドカップが日本で開催される。男女ともに12チームが参加、総当たり方式で行なわれ、3位以内に入った国はロンドン五輪の出場権を得られる。

 11月4日には、男子に先んじて女子が開幕する。ここで五輪出場権を逃しても、世界最終予選とアジア大陸予選を兼ねる来年の大会で獲得を目指すことはできる。とはいえ、全日本女子はオリンピックでのメダルを目標に掲げるだけに、ここで上位の一角に入る力を見せ、出場を決めたいところである。

 昨秋の世界選手権で32年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した全日本女子は、5月から7月、例年よりも長い海外遠征を実施。その後も8月にワールドグランプリ、9月にはアジア選手権と転戦してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦秘話。~秋のプロ野球名勝負~

関連記事

眞鍋政義
木村沙織
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ