SCORE CARDBACK NUMBER

西武の粘りを引き出した、
監督と西口文也の信頼感。
~劇的なCS進出を振り返る~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/11/24 06:01

西武の粘りを引き出した、監督と西口文也の信頼感。~劇的なCS進出を振り返る~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

シーズンは68勝67敗に終わったが、若手とベテランのバランスが取れたチームに仕上がった

 10月1日、西武ドームでかつての盟友、ソフトバンク秋山幸二監督が空高く胴上げされたとき、西武の渡辺久信監督は、選手全員を集め、今シーズン最初で最後の檄を飛ばした。

「昨年の悔しさを晴らすためにも、残りの試合は俺に体を預けてくれ。責任はすべて俺が取る」

 17年目の39歳、生え抜きのベテラン西口文也は「監督の本気度が伝わってきた」と振り返る。この時点で西武の残り試合は13試合、3位オリックスとの差は4ゲーム。ここからの追い上げはすさまじかった。そして1ゲーム差まで詰め寄って迎えたシーズン最終戦。この日、オリックスが負けて西武が勝てばクライマックスシリーズ進出という土壇場を任されたのは、その西口だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

渡辺久信
埼玉西武ライオンズ
西口文也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ