SCORE CARDBACK NUMBER

監督、GM電撃退任で、
Rソックス帝国崩壊か?
~チーム内に響く不協和音の正体~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/11/04 06:00

監督、GM電撃退任で、Rソックス帝国崩壊か?~チーム内に響く不協和音の正体~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2004年に監督就任、8年でWシリーズ制覇2回、プレーオフ進出5回を果たしたフランコーナ

 名門レッドソックスのエプスタインGMが退団し、カブスのGMに就任することが決まった。公式戦直後に辞任したフランコーナ監督に続く球団トップの電撃退任は、ボストンだけでなく、球界全体にも大きな波紋を広げた。ワイルドカード争いで最大9ゲーム差をつけながら、大詰めの9月に7勝20敗と失速。プレーオフ進出を逃したことで球団内部に燻っていた問題が一気に噴出したのだ。

 来季の球団オプション(契約更新)を受け入れなかったフランコーナの意思表明が、何よりも象徴的だった。「これまで頼りにしていたが、もう終わりにした方がいいと思った」。レッドソックスの監督といえば、米球界ではヤンキースの監督と並ぶ「ドリーム・ジョブ(憧れの仕事)」。約4億円もの年俸をなげうってまで現職を離れるには、それだけの理由があったことは想像に難くない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 559文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦秘話。~秋のプロ野球名勝負~

関連記事

ボストン・レッドソックス
セオ・エプスタイン
シカゴ・カブス
テリー・フランコーナ

MLBの前後の記事

ページトップ