野球善哉BACK NUMBER

スカウトにとって本当の腕の見せ所!?
ドラフトの面白さは下位指名にあり。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/10/24 12:25

スカウトにとって本当の腕の見せ所!?ドラフトの面白さは下位指名にあり。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

ルーキーイヤーだった2010年には開幕スタメンに大抜擢された中日の大島洋平。日本シリーズでも活躍し、6試合に出場して23打数9安打5打点を記録。シリーズの優秀選手賞を受賞している。今季は平田良介や野本圭と外野レギュラーを巡って競いあっている

甲子園に出ていない高校にいる逸材は誰だ?

 この他で個人的に注目しているのが福井・丹生の田中優貴、三重県のツインタワー、川崎貴弘(津東)と山崎正衛(近大高専)、星稜・西川健太郎ら、中央球界では無名の選手たちだ。4人に共通するのが、甲子園未出場であり、上位候補に比較対象となる選手がいることだ。左腕・田中は今村信貴(太成学院大)、川崎と山崎は、松本竜也(英明)、西川は釜田佳直(金沢)がその比較対象選手となる。

 4人は全国大会に姿を見せなかった分、評価要素が少ない。さらには、川崎、山崎、西川は、この夏、故障していたことも、スカウト間で評価が割れる要因になっている。ただ、だからこそ細かいスカウト活動で差が出るのではないかと思っている。

 例えば、近大高専の山崎は、6月の『くまのベースボールフェスタ』という招待大会で、帝京打線を零封している。190センチの長身から繰り出す球筋を見たスカウトがいれば、先述した西武・後藤スカウトのように、指名する可能性もある。187センチの長身右腕・川崎は2年夏、参考記録ながら完全試合を達成しているし、取材した印象では野球に対する向上心も非常に高いものをもっている。北陸のドクターKの異名がある田中も、高いポテンシャルを感じさせるピッチングを見せている。上位候補と見劣りしないそれらの長所が本物なら、指名も十分ありえるだろう。

 彼ら4人は、あえて筆者が実際に取材した範囲の中だけで挙げてみた選手たちだが、全国には彼ら以外にもたくさんのドラフト候補が転がっている。例えばここに、石川慎吾(東大阪大柏原)、松田遼馬(波佐見)、川上竜平(光星学院)、三好匠(九州国際大付)、永江恭平(海星)ら甲子園出場組を足してみてもいい。

 10月27日、下位指名はどのような顔触れになるのだろうか……。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大島洋平
小熊凌祐
前川恭平
宮田和希
中日ドラゴンズ
埼玉西武ライオンズ
桑原将志
田中優輝
川崎貴弘
山崎正樹
近大高専
西川健太郎
石川慎吾
松田遼馬
川上竜平
三好匠
長江恭平
福知山成美高校
丹生高校
津東高校
星稜高校
東大阪大柏原高校
波佐見高校
光星学院高校
九州国際大付属高校
海星高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ